救助犬訓練士協会(RDTA)
                                                     平成19年11月22日
      韓国「MRTセミナー」出張報告  

■ 日時:平成19年11月20〜22日
■ 場所:韓国ヨンギン市 サムスン救助犬センター(SSRDC)
■ イベント名:アジア地区IRO加盟団体会議「MRT(Mission Readiness Test)セミナー」
■ 参加者: 4カ国(韓・日・台・泰) 7団体25名
■ RDTA参加者:企画・国内渉外担当 山田 道雄、国外渉外担当 島津 芳明
■ 行動:11月20日朝羽田発ソウル経由ヨンギン市へ移動   午後:会議、
         21日午前・午後:会議、救助犬センター施設、救助犬・探知犬実演 夜:SSRDC主催懇親会
         22日午前:会議    午後:ソウル経由羽田着
■ 議題:@ 出動チーム試験(Mission Readiness Test:MRT)の紹介
      A 2008年MRT(韓国、SSRDC主催)の調整

■ 各団体発表事項(2007年出動実績)

国     名 団   体 出 動 回 数 発 見 者 数
市 街 地 山   野
 日    本  AWDSA  遺体1
OPDES -
RDTA -
 韓    国  KKCRD 10 10 -
SSRDC 71 77 生存者10 遺体3
 台    湾  TFSRD 生存者2 遺体3
 タ    イ  ThaiRDA -
92 101 生存者12 遺体7

■ 2007年アジア地区MRTの概案
  ・ 時   期:第1案―10月21日(火)〜26日(日)
           第2案―10月28日(火)~11月2日(日)
  ・ 場   所:韓国  SSRDC及びKKCRDの瓦礫捜索会場墓他
  ・ 参加者見積:7〜8チームリーダー、23〜31ハンドラー/頭、15〜17ヘルパー
  ・ RH-TB 試験:各団体は10月までに、アジア地区のIRO公認審査員と調整し受験資格に必要なRH-TB 試験を受け
    合格すること

■ 所見
  @ 今回のセミナーでMRTの内容を細部にわたるまで理解するとともに、アジア地区各団体間の親善 交流を深めること
     が出来た。
  A 来年実施予定の韓国でのアジア地区MRTの概案が固まった(その後IROからの指示で時期は9月22日の 週に変
    更)ので、RDTAとしても早急に参加の是非、準備計画等を検討の要があるが、当会の目的からすれば 参加が適当
    と考える。その際、来年度事業計画に反映させるとともに準備については早期に着手する必要が ある。




                                                      【 報告者名:山田道雄 】


        

                            Top 


                                      Copyright(C)2005-2008 RDTA. All Rights Reserved.